2007年05月17日

Windows Server 2008 正式名称

Longhorn Server”の正式名称は「Windows Server 2008」に

 マイクロソフトは、次期サーバーOSの正式名称を「Windows Server 2008」に決定した。

従来、開発コード名「Windows Server“Longhorn”(Longhorn Server)」と呼ばれていたものだ。

シアトルで開催されている第16回Windows Hardware Engineering Conference (WinHEC)において、ビル・ゲイツ会長が発表した。

 これに合わせて、IT技術者向け情報サイト「TechNet Windows Server TechCenter」において、約2,000ページにおよぶWindows Server 2008の技術資料の提供を開始する(機械翻訳による日本語対訳付き)。

また、ユーザー同士がWindows Server 2008に関するノウハウやTipsを情報交換する掲示板「TechNet Windows Server 2008フォーラム」も公開する。

 Windows Server 2008は、Windows Server 2003の後継となるサーバーOSで、2007年末の開発完了を予定。現在、ベータ3が公開されている。
posted by Windows Server 2008 at 04:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42019764

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。